採用情報RECRUIT

トップページ > 採用・求人情報 > インターン > インタビュー

5:インターン

M.Y さん

京都大学大学院 修士1回生 プログラマー志望

インタビュー

  1. 何大学ですか?

    京都大学大学院です。

  2. 何回生ですか?

    修士1回生です。

  3. どのようにココデ・グローバルの存在を知りましたか?

    京大生協のアルバイト募集を見て知りました。

  4. 応募する決め手は何でしたか?

    プログラミングの仕事に興味があったのと、未経験者でもオッケーだったことです。

  5. 応募時の経験(プログラミング・デザイン)はどれくらいでしたか?

    研究で数値計算のためにfortranを少し触っていました。

  6. 何を身につけたいと思いインターンに応募しましたか?

    数値計算でしかプログラミングをしたことがなく、
    WEB系のプログラミングがどのようなものなのか知りたくて応募しました。

  7. 現在、入社何ヶ月で、入社前と比べてどんなスキルが身につき、何ができるようになりましたか?

    現在入社6ヶ月です。
    PHP、HTML、CSS、JavaScript、MySQLを使ったWEB開発が出来るようになりました。
    オブジェクト指向についても少し分かるようになりました。

  8. 会社で何を作りましたか?また、そのとき、どのような技術を使いましたか?

    ある商品の新規ページを作ったり、新機能を追加したりしています。
    そこではPHPとMySQLを主に使っています。

  9. これからどんなスキルを身につけたいと考えていますか?

    今の業務ではJavaScriptを使う機会が意外と少なく、その部分の知識が不足しているので、
    その不足を補っていきたいです。また、フレームワークについてももっと知りたいです。

  10. 入社して良かったことは何ですか?

    入社当初はWEBプログラミングについて何も知らなかったですが、WEBプログラミング(主にPHP)を知ることができたことが良かったです。

  11. 働いていて面白いことは何ですか?

    インターン生が次から次へと入ってきて、規模がどんどんと大きくなっていっているところ。

  12. 入社して驚いたことは何ですか?

    プログラマとして応募してきているだけあって、周りが皆プログラミングスキルが高いということ。

  13. インターン中のやりがいは何ですか?

    新規ページの作成を任されることもあるので、それを作りあげることです。

  14. ココデ・グローバルにはどんな社員がいますか?

    向上心のある社員が非常に多いと感じています。

  15. ココデ・グローバルにはどんな人が向いていると思いますか?

    向上心のある人。また、色々なことを吸収することに貪欲な人。

  16. 入社前の自分へ一言送れるとしたら、どんな言葉を送りますか?

    頑張ったら頑張っただけ成長できる環境だと思うし、
    未経験ということに引け目を感じることなく頑張れ。

  17. 入社を検討している方へ一言メッセージ!

    現在どのようなレベルの人であっても、成長できる環境だと思います。

  18. 1日のスケジュールはどのような感じですか?

    メール等のチェックをして、その後にプログラミングの業務をします。
    分からない部分は直接教えて頂くこともあります。

  19. 現在はどのような業務を行っていますか?

    新規ページの作成や新機能の追加。

  20. どういうPC環境で作業していますか?

    デュアルディスプレイです。また、キーボードは東プレのREAL FORCEを使っています。

  21. 気に入っている福利厚生はありますか?

    クリスタルカイザーを無料でいただける。また、ジュースやお菓子を合計100円分いただける。

  22. 勤務日・時間の制度はどうですか?

    基本的に週3日です。自分の都合に合わせてある程度出勤日を決められるのでありがたいです。

  23. 勤務時間の中で、業務遂行時間と学習時間は何対何ぐらいですか?

    業務:学習
    【入社1ヶ月】1:9
    【入社2ヶ月】1:9
    【入社3ヶ月】3:7
    【入社4ヶ月】5:5
    【入社5ヶ月】7:3
    【入社6ヶ月】8:2

  • エントリーフォーム
  • 採用情報
  • 起業戦略論
  • 音声セミナー
  • ダイレクトレスポンスマーケター募集
  • 採用情報
  • お問い合わせフォーム

このページの先頭へ